歯科医師100人に聞いた
インプラントの
メリット・デメリット

本表紙

編)日本歯科新聞社

2014年/B6判/140p

1,800円+税(送料別)

目次(PDF)

立ち読み(電子版)

購読のお申込み

インプラント治療については、「すでに確立された夢の欠損補綴技」という推進派と、「侵襲が大きい外科治療で、注意が必要」という慎重派と、大きく見解が分かれているようです。

そこで、本格的に日本で普及してからある程度年数がたった今、日本歯科新聞社のモニターを対象に、臨床現場での検証を試みました。あえて学術書としてではなく、専門新聞社としての立場で広い観点からまとめました。長期的な視点が網羅されているのも特長で、日常臨床において、インプラントが適応か否か、長期予後はどうかの判断材料として活用できます。

目次
  • (1)歯科開業医100人に聞いた
  • (2)トラブル事例と社会の動き
  • (3)医事紛争の現状と争点
  • (4)ホームページの宣伝表現を考える
  • (5)インプラント治療のためのQ&A(日本歯科医学会・厚生労働省委託事業発表より抜粋)