書籍リスク管理事例に学ぶ 
歯科法律トラブルの傾向と対策

歯科医師で弁護士が指南
事例に学ぶ 
歯科法律トラブルの傾向と対策〔2021年改訂〕

本表紙

著)小畑 真

2021年/A5判/360p

6,600円(税込・送料別)

目次(PDF)

キーワード索引(PDF)

立ち読み(電子版)

購読のお申込み

15年の一般臨床経験を持つ弁護士が、スタッフや患者さんとの法的なトラブル予防策を指南する書です。改訂版では、新型コロナの出現を踏まえた災害時の対応について、12のQ&Aを追加しています。

目次
第1章 法的トラブル、対応·予防の基本
  • (1)患者関連
  • (2)スタッフ関連
  • (3)広告·宣伝関連
  • (4)診療·報酬関連
  • (5)不動産関連
  • (6)業務委託·設備投資関連
  • (7)法的体制整備のチャンス
第2章 患者、スタッフ他 28のトラブル対応事例
【患者編】
  • (1)治療計画
  • (2)応召義務
  • (3)説明に関わる諸問題
  • (4)問診義務
  • (5)治療トラブル
  • (6)治療費トラブル
  • (7)カルテ開示
  • (8)インターネット
【スタッフ編】
  • (1)ハラスメント
  • (2)解雇
  • (3)時間外労働
  • (4)管理者の責任
【その他】
  • (1)承継
  • (2)テナント立ち退き
第3章 コロナ禍・災害時対応 —12のQ&A
  • 「スタッフに新型コロナ陽性者が出た場合、休業したり公表しなければならないのか?」
  • 「外出自粛の影響で経営が苦しい。スタッフを辞めさせたいが…」
  • 「院内感染を起こしてしまった場合、何らかの責任を問われる?」 他